スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育トークライン10月号から

2009-10-10


教育トークライン10月に発達障害の子に効果があった100玉そろばんということで、甲本先生が
書いていらっしゃる。

その中の一節を引用してみよう。


  ここで100玉そろばんの実演をした。
 授業が開始し、最初の2分程度を再現したのだ。
 教室にはじめからいる子、遅れてくる子、トイレに行ってくる子など、スタートが揃わない
 状況での100玉そろばんである。
  100玉そろばんを始める。教室にいる子から唱えて行く。遅れてきた子をしかることはない。教室 に入ってきた時から一緒に学習を始める。自然に無理なく始める。
  これを小学校の低学年で毎日行う。100玉そろばんを取り入れている教室と取り入れてない教室 ではどちらが子どもたちに数量関係の力を付けられるか一目瞭然だった。
 




  甲本先生の観察は実践から得られた言葉である。とても重い。
 

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

100玉そろばん

Author:100玉そろばん
トモエそろばんのトモエです。
100玉そろばんの魅力に取りつかれてこのブログを
立ち上げることにしました。
是非、みなさんとご一緒に100玉そろばんの利用法について
考えていければと思っています。
どうぞ、よろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。